Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【究極】を問いかける漫画家・古谷実氏

こんばんは、イノウエです。
最近モンハン以外何もしていないので、しばらく漫画の記事が続く気がしてます。ウフ



「古谷実といえば?」と聞けば誰もが答えるでしょう。
「行け!稲中卓球部」と。

行け!稲中卓球部 (1) (ヤンマガKC)
216JZDDYG1L._SL500_AA140_[1]



そう、あの一世を風靡した破壊的ギャグ漫画。
『バクザン先生』の影響で、やたら「あんたは大丈夫!」と言ってみたり、
『ラブコメ死ね死ね団』の影響で、やたら遊園地に行って
やたらパンダに乗りまくったのは私だけではないはずです。

古谷氏は、新しいジャンルの笑いを創り上げた【ギャグ漫画家】



だと思ってました。





「稲中」以降、ストーリー要素が増えてきたなぁとは感じてましたが、
「ヒミズ」で一気にストーリー漫画を描き始めました。
単行本に、もう忘れたけど「笑いの時間は終わりです」みたいな帯が付いてて
何じゃこのキャッチコピーは?と不思議に思いつつ買ったんですけど

ヒミズ(1)(ヤンマガKC)
21V96HK050L._SL500_AA140_[1]
あっ、帯付いてた↑







何コレ!!
本当に古谷実の漫画なのか!?






それが感想でした。
「稲中」と同じ作者さんとは思えませんでした。
あまりのギャップに「本当にこれは古谷実の漫画なのか!?原作付きで描いてるんじゃないのか!?」
と疑いながら読んでました。


んでその後「シガテラ」も読んだんですが

シガテラ (1) (ヤンマガKC )
21E5N7N6B5L._SL500_AA140_[1]






暗いよ暗すぎるよ・・・
でもやっぱこれは「ヒミズ」の古谷実だよな・・・うん・・・





とようやく古谷氏の流れがわかった感じでした。
「日常」と常に隣り合わせにある「非日常」の部分をバンバンえぐってます。
ぶっちゃけえげつないです。えげつないっすよ古谷センセイ。



そんで私はここでやっと気が付いたのですが、
実はこの人【ギャグ漫画家】ではなく、若者の非日常を通して
「人生とは何か?」とすげーシビアに問いかけてくる
【ギャグも描けるストーリー漫画家】
さんだったんですね。
すごく驚きました。

「稲中」のギャグスタイルが強烈だったため、
現在のスタイルは苦手だという方も結構いらっしゃいますが、これはしかたがないと思います。
あまりにスタイルが違いすぎるし、「稲中」はやっぱすごい破壊力の漫画だし。

だけど、古谷氏の漫画を作品が新しい方から読んでいって「稲中」を読むと、
描きたいことは、この当時から変わってなかったんだなぁという事に気が付きます。
もちろんギャグ漫画なので、苦悩の部分は相当押さえて描いてますけど。



「人生の意味は?」と聞かれても、その質問は究極すぎて私にはよくわかりませんけど、
古谷氏の漫画はどれも、最終的には
平凡な幸せの中で暮らす主人公の姿が描かれています。



あと、おもしろいのは
「シガテラ」から「わにとかげぎす」「ヒメノア~ル」と、
魚類・爬虫類の名前(品目)が連続してタイトルに使用されている事ですね。
(最新作「ヒメノア~ル」の「ヒメ」の部分はまだ謎)
それぞれのタイトルは作品内容にピッタリのもので、それ以外に意味は無いのかもしれませんが
読者を驚かせてばっかりの人だから
「実はタイトルをトータルしたら、また違う意味が出てきたりしちゃったりするんじゃねぇのか?」
と何だか勝手に期待しちゃいます。ワクワク

でも、もう一度「稲中」みたいなギャグ作品も読んでみたいですねー。
読者を驚かせてばっかりの人だから、突然また描いたりしちゃったりするんじゃねぇのか?ワクワク




この人から目が離せないYO
明日「ヒメノア~ル」買ってくる


スポンサーサイト

音楽が繋いでいく人との絆「BECK」

ついに完結しましたねー、ハロルド作石著「BECK」
今回は若干ネタバレが含まれているので、まだ最終巻を読んでないという方はご注意を。

BECK(34)(講談社)
51kOtDw2aTL._SS500_[1]



超簡単にあらすじを言いますと、
「BECK」は、平凡な日々を過ごしていた主人公の少年・コユキが、
帰国子女の少年・竜介と出会ってバンド「BECK」を結成し、
音楽の世界に入り込んでいくというお話です。
この作品はもうただただ伝えたい事が一貫しています。




「音楽は素晴らしい」




この漫画は、
BECKというバンド+主人公コユキの成長を通して
ひたすらそれだけを描き続けた漫画
です。

言葉やスキンシップなどでうまくコミュニケーションができなくても、
音楽で人と繋がり、音楽を通して心を開き、音楽の中で仲間と巡り合えるなんて
本当に素晴らしいことです。
だけど、もちろんいい面ばかりではなく、
音楽によって衝突したり亀裂が入ったりなどの一面もあります。
だがその全てが【音楽】なのだと、この作品はそう言っている気がします。



そして、心に響く音というものは、たくさんの人々を一つにできる力があり、
見知らぬ者同士でも、例え敵同士でも、【音】を通してお互いの【心】を伝え合えるものなのですね。

最終巻のグレイテフル・サウンドのステージ。
そこにいたのは
『アーティストと観客』ではなく、『仲間』でした。
コユキくん泣きました。私も泣きました(´;ω;`)ブワッ
【音】を通して【心】が通じ合った、私の中での一番の鳥肌シーンでした。



『音楽漫画』としてかなりの完成度で、「でも俺(私)あまり音楽に詳しくないし・・・」という方も
読んでて胸が熱くなる漫画です。私もじぇーんじぇん詳しくないですもんエヘッ☆
この気持ちの込み上げ方は、井上雄彦著「SLAM DANK」と共通していると思います。



最終回は、とてもステキでしたよ。非常にシンプルな終わり方でした。
BECK世界デビュー!みたいに仰々しく物語を締めるのではなくて、
BECKの「これからの日常」を切り取ったような締め方が、私はとても良かったです。
しっかりと自分の道を見つけた、迷いの無い、あのコユキの笑顔が印象的でした。
彼らの道は、まだまだ続き、これからもいろんな人と音に出会っていくんですね。




大事なことなのでもう一回言います。



音楽は素晴らしい!





私も地道にギターの練習しようかね。


PSP-3000買ったYO

PSPがぶっ壊れたYO


UMDを読み込まないという現象が起こり、いろいろ調べて試したのですが
どうも復旧不可能っぽい上に、保証書の箱も捨ててしまったので
PSP-3000 MSを買いました。
いや~これは驚きの軽量化!!軽すぎて驚いた!!!
前使ってた2000も軽さに感激したけど、それ以上に軽い!
そんで画面が見やすい。目に優しい感じになってます♪
現在3色で発売されてますが、来年再来年にはカラーが増えるでしょうなぁー。


最近オタクバーのマスターと鉄拳・テニス・パワプロなどで対戦してるんですが・・・
何ていうか・・・一度も勝てた事ないんですけどね・・・フフ・・・
あぁそうそう。
負けたら墨汁で顔にラクガキという罰ゲームが先日から発生しましてね。
容赦なくバカボンのパパにされましたよ・・・フフ・・・・・・・・・フゥ・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・嫁にいけな(ry

それから、まだゲーム詳細が把握できてないけど、
モンハン(2G)ってすげーおもしろいねー!
昨日よーやくLV.1のクエストが終了したところです。




まぁまぁ、アレですよ。何が言いたいかというと
保証書の箱は保証期間が過ぎるまでちゃんと取っておけ
という事ですorz
突然の故障にヘコんだけど・・・まぁ最新のヤツを手に入れたから今回は良しとしとこうかな。
うん。





P.S.
ちくおさん
ブログお疲れ様でした☆
お時間できた時にでも、またじぇひじぇひ遊びに来てくださいねー^^


Appendix

Profile


ブロッサム☆イノウエ

Author:ブロッサム☆イノウエ
福岡在住のぐうたらイラストレーター。
漫画・ゲーム・フィギュア大好きです。自転車歴4年。そして最近ではランニング・筋トレも始め、すっかり健康的な生活を送っていますw
思いっきり思いつきで記事書いてますが、楽しんで頂ければ幸いです。

Recent Article

Seach


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。