Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kingandqueen931.blog10.fc2.com/tb.php/9-3a16a3f5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

早乙女愛さまの差別発言

漫画においての差別問題。
そーいや、名作「カムイ伝」のセリフ「あいつは目くらだ」が
「あいつは目が見えない」と修正されたてしもたよね。
時代背景・作品のテーマにおいて、その表現は必ず必要な場合があるのにも関わらず、
「差別だ」と言ってなんでもかんでも修正するのはどーなのか。



友人とこの話になった時に、
ふと思い出されるのが、梶原一騎作・ながやす巧画の「愛と誠」。
「愛と誠」で、岩清水弘君(今でいうストーカーだよねこの人)に対しての、
お嬢様・早乙女愛さまのセリフ。









メガネをかけて青白くとも男らしい男だわ

愛と誠





それはあんまりだぜ愛さま。







全国のメガネの青白い人に謝ってください愛さま。

このセリフは修正されてるのだろーか?
あんまりとはいえ、ほぼ名言(迷言)に近い上、
「古き漫画の良き時代」が伺える名作なので修正されてたらイヤだな。





ちなみにこの漫画の最大の名ゼリフは、岩清水君の


「君のためなら死ねる!」


です。
歴史的名ゼリフと言っても過言ではないでしょう。
小林まことが「1・2の三四郎」で、パロッてます。キャラ名は【岩清水健太郎】君でした。
しれっと名前が失恋レストランだったりする。


愛と誠 (1) (講談社漫画文庫)
愛と誠 (1) (講談社漫画文庫)


0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kingandqueen931.blog10.fc2.com/tb.php/9-3a16a3f5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Profile


ブロッサム☆イノウエ

Author:ブロッサム☆イノウエ
福岡在住のぐうたらイラストレーター。
漫画・ゲーム・フィギュア大好きです。自転車歴4年。そして最近ではランニング・筋トレも始め、すっかり健康的な生活を送っていますw
思いっきり思いつきで記事書いてますが、楽しんで頂ければ幸いです。

Recent Article

Seach


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。